「お風呂」の思い出話

そろそろ暑くなってきたので、最近はシャワーですませてますが。
ちょっと前に、お風呂の準備をするときに思いました。
便利すぎない?
給湯器の「自動」ボタンを押せば、勝手にお湯がたまるんですよ!?
しかも入れる頃になるとアナウンスまでしてくれます。

昔は本当に不便でした。
親が子供の頃は、まだ五右衛門風呂とかだったらしいです。
私めが小さい頃は、さすがに違いましたけど。
1980年代頃?
先ず、お風呂に水を入れるのは蛇口から直接。
よく入れているのを忘れて、浴槽の水が満タンになって
水がずっと無駄に流れ出てたことがありました。
そして、こんな感じのグッズが出たので使ってました!
257_01.jpg
下の玉の部分まで水が来ると、浮いて蛇口の水が止まると言う優れもの。

そして、風呂を沸かすんですけども。
ガスのスイッチって外にあるんですよねー。
先ずはガスの元栓をひねって。
そして、ダイヤルみたいなのでカチッカチッと火を付ける。
そのうち付かなくなってくるので、ライターとかマッチを使ったりして。
結構不便な場所にあるので、寝そべって作業してました。
ーで、種火の状態と、強火にする状態があって、風呂を沸かすときは強火状態にします。

そして強火にした状態で、これもまた忘れたりするんですよね。
そうすると、もう熱湯になります。
我慢して入れるような温度ではありません。
あれって何度くらいになってたんだろう?
なので、ちょくちょく様子を見に行ってました。

ちょうどよい温度になってる!
ーと思っても安心できません。
熱いものは上に、冷たいものは下に行くものです。
なので、上はお湯なのに、下の方は水のままと言うこともありました。
子供の頃は、これが逆に楽しかったんですけど。
上記のときや、お湯が熱いときなんかに、かき混ぜるための棒がありました!
257_02.jpg
もう、置いてある家は無いんじゃないかと思ったんですけど。
普通にAmazonとかで売っているようです。

ふと、昔を懐かしんで書いてみました。
今は色々と便利になりましたねー。
大変な時を知ってるからこそ、有り難みがわかるってものです。




スポンサーサイト



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

おひ☆

Author:おひ☆
趣味は自転車・ゲーム・料理など。
楽しく生きて行けたらいいな。
自転車はBASSOのMONZAに乗ってます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR